So-net無料ブログ作成
検索選択

フェルメール展と『真珠の耳飾りの少女』 [イベント・コンサート・演劇等]

フェルメール展 看板.jpg 仕事の研修が上野であったのを好機とばかり
東京都美術館で開催されている
フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち☆を…
10月末日に観覧しました♪ 記事に書こう!と思いつつ、時間が過ぎてしまってたんですけど、
美術展に足を運んだのを機会に ずっと観たいと思って見過ごしてしまった映画作品



を 今さらながらレンタルで観ましたら、俄然 記事にUPしたくなってきて!
   註)『真珠の耳飾りの少女』[アート]は 今美術展には展示されてません!!

そう。この美術展を会場で体験して とにかく思ったのは、
舞台となった オランダの街=デルフトの空気感・その街で生きる人々の呼吸が
今 目の前で息づいている感覚。。。(*^。^*)
…とか感じていた そのままに、[映画]映像になって動き出してる映画作品だったので[目][exclamation×2]
公開当時から秀作と評判の高かった…『真珠の耳飾りの少女』[映画]…と思いますが、
私の関心の的は 女優として台頭してきていたスカーレット・ヨハンソンばかりだった気が。
(^^ゞ
実際に フェルメールの絵や デルフトの風景を描いた絵画作品を 目の当たりにした後に
この映画を観た…このタイミングに、今さらながら感謝してたりします♪ ^m^
もちろん この映画のドラマはフィクションですので、あまりに“絵の雰囲気そのまま”だからと言って
“映画で描かれたまま”を 史実みたいに思い込んでも いけませんが、
画家と(その)家族がパトロンに依存していた様子とか 当時のデルフトでの生活実感は
解説の活字から思い描くよりも REALに感じることができたように思います。
実際、他の画家の作品には
『女主人への支払い』『金を天秤にかける男』na~nte作品もあり。f(◎o◎;)
どうして こんな場面が 描く主題になるのか!?…惑ふ絵画も あったりしましたが、
小都市デルフトの当時の市民のリアルな場面☆と 後からながら納得できた気がしました。

で。この会場での音声ガイド[音楽]なんですが[ひらめき]
Color印刷のガイドシート を ペンでtouchすると聞こえる[耳]という仕様☆
 (タッチペンを首から“ぶら下げ” 要所でガイドシートをPushするんですネ。)
フェルメールの作品枠には、“その時代を音楽でも感じてもらいたい”旨の企画で
東京藝大-音楽学部による演奏が聴けるよ~になってました[るんるん]
平日だったんですけど(フェルメール作品の前は特に[あせあせ(飛び散る汗)])非常に混み合っていたので、
待ってる間に“まず音楽から”雰囲気に浸ることができました[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

フェルメール展「iタッチ・ガイドシート」.jpg
 持ち帰ったガイドシート☆これだけで機能しないのが残念。。。(ーー;)

私 個人としては…フェルメール(&デルフトスタイル絵画)と接する前に
ピカソ展を堪能していた…のでしたが、(時代とともに画法が変遷していたピカソでありますが…)
ほとばしる情念を“ぶつける”よ~に描いていた(←ように感じた)作品群に圧倒された後、
デルフト・スタイル=静けさの中に確かに宿る表情に触れた…そんな感覚は
柔らかな日差しに温められたような 心の和む体験となりました。(#^.^#)b
nice!(5)  コメント(10)  トラックバック(1) 

nice! 5

コメント 10

チヨロギ

おぉ、まさに芸術三昧ですね。うらやましぃ~☆
こちらの音声ガイドはタッチ式&音楽付きですか!
どんどん進化しているんですね。
シートが写真付きなのも、あとで振り返るのに便利そう。
それにしても、平日でもまだ混んでいるとはびっくり。
ほとぼりが冷めたらとか思っていましたが、
このまま会期終了まで混雑しっぱなしなんでしょうかねぇ。
by チヨロギ (2008-11-08 23:12) 

たいちさん

作品数の少ないフェルメールを、7点も一度に見れるなんて、羨ましいですね。大阪へ巡展しないのが、悔しいです。
by たいちさん (2008-11-08 23:54) 

流星☆彡

☆チヨロギ様
長年 朝日新聞とってる“ご褒美”の[__プレゼント]招待券のおかげです。
今秋 立て続けに美術展を巡ってみて、音声ガイドの進化(内容&機材)にも
感心してる…ART鑑賞だったりしています。(^.^)
8/2から開催されてたのね。夏休みの人出も吸収してたでしょうに、
スゴイ人気ですネ。日本人の感性に合ってる気はする。特に今は穏やかに
癒されたい人が多い“ご時勢”とも思ふし。。。^^; 中学生以下=[__無料]も
一因か 学生の一行も多かったと思ふ♪ こんな光の中に身を置くこと…
東京とか日本の都市では 叶わないことですよね。絵画の風景が現在も
存続してるらしい街=デルフトに 行ってみたくなりますぅ。(゜゜)~☆
by 流星☆彡 (2008-11-09 00:27) 

流星☆彡

☆たいちさん様
そうですね。大阪に行かないなんて残念ですね。。。
絵…特に油絵は 見る角度を変えたりして目の当たりにすると 惹き込まれ度が
増しますもの♪ 実際のCanvasの大きさに 作者の意図を感じたり 印象が
変わったりすることもあるし。。。今展覧会の好評を受けて 大阪巡展に
発展したら いいのにねぇ。
by 流星☆彡 (2008-11-09 00:29) 

江州石亭

フェルメール展、東京ではなかなか行けないですねぇ。
青色の色使いはいかがでした?
by 江州石亭 (2008-11-09 08:20) 

りゅう

あ~借りればよかったなぁ。。。
タッチペン式の音声ガイド、面白そうでちょっと気になったのですが、結局借りませんでした。ハハハ♪(*’▽’)
フェルメール《小路》を鑑賞した後でこの映画を見るというのは、なかなか通な鑑賞スタイルかも~バタ ヾ(≧∇≦)〃ヾ(≧∇≦)〃バタ
光の繊細な表現、心理描写はホント見事ですよね、映像美とは、まさにこれっって感じの映画ですよね♪(^_^)/
by りゅう (2008-11-09 20:48) 

流星☆彡

☆江州石亭様
青と黄・赤の使い方が独特ですよね。人工の光とは違う太陽光が見える
感覚で。。。人並みが切れるのを待ちつつ 絵との距離を様々体験したく
ねばった(?!)んですけど、とにかく も少し空間に余裕ある会場環境で
観たい!と 切に願いました。。。
by 流星☆彡 (2008-11-09 23:23) 

流星☆彡

☆りゅう様
なんだか “音声ガイドReporter”みたいになってる自分です。(^^ゞ
一応“映画FAN”(のつもり)で、こういった時代の欧州ドラマの映像を
好んで観るほうなんですけれど、この『真珠の耳飾り…』[__映画]は ストーリーではなく
“フェルメールが描いた光”が 再現されてるだけで 感動ですネ[__ぴかぴか]
『ヴァージナルの前に座る若い女』←ホントに小さい作品で驚きました!
パトロンになれたら(!!)こんな娘(←自分ではないですよ~ん(^^ゞ )の絵を
描いてほしい!と 思ったナ♪
by 流星☆彡 (2008-11-09 23:40) 

ram

コメントがアップされなくて・・・
影の使い方が素晴らしいですよね。


by ram (2008-11-12 20:29) 

流星☆彡

☆ram様
スイマセ~ン!m(__)m 私も アイコンを Main←Subに変えたいのに
重くて変えられず、こちらのレスも遅くなってしまいました。(A-_-;)
自PCの調子が悪いのもあるし、いろいろ細工してるせいで 頁が重いことも
あるのよね。きっと。。。亀よりユルい…そんなペースでしか続けられず で
居ります。また、ゆるゆる おじゃまさせて下さいマセ。(A^_^;)/
by 流星☆彡 (2008-11-14 18:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。